三条市デマンド交通モデルから読み取る、地域公共交通の活性化の糸口とは。

小平選手、金メダルおめでとうございます!!!

日本女子で初、

歴史をつくりましたね!!

 

 

 

20個はとれるだろう!

と言われていた日本人選手のメダルですが、

現在10個。

まだまだ期待です。

 

本日19日、

・スキージャンプ団体、

・スノーボードフリースタイル、エア

・スピードスケート団体、

・フィギュア

・アイスホッケー

・ボブスレー

・カーリング

などなどどんどん予定がありますよ~~

楽しみです。

 

 

 

がんばっているのは小平選手のみならず、

全選手ががんばってくれています。

 

 

私たちもやるざ

もちろん私たちも、

地域経済の活性化、

福井豪雪に負けず盛り上げる、

などの取り組みをしてまいります!

 

 

そのヒントは、以外と身近に転がっています。

 

 

三条モデル、タクシーのデマンド交通とは

昨年12月にお会いした新潟の経営者様からお話をお聞きしました。

三条市による、タクシーのデマンド交通で、

地域公共交通の活性化・再生をしよう!

という取り組みです。

 

 

三条市、ひめさゆりの紹介サイト

 

ひめさゆりとは、

・バスの赤字化、本数減少に対して

・近くのショッピングセンターやバス停などにタクシーを予約していける

・初乗りも安く、相乗り効果で利用者割引がある

・事業所にも意欲が出る取り組み

 

呼んだら来るちょっとだけタクシー、

というシステムです。

 

こういう資料です。

 

効果はあがっており、

逆に市の負担が増えている、

といううれしい悲鳴も聞こえております。

 

料金表はこちらですが、

通常のタクシーA運賃では、

1.5キロで650円や、600円弱、

という中、2キロで500円や、

相乗りすると割引など利用する側のメリットも大きいです。

 

 

しかも、

・エスタクシー
・三条タクシー
・中越交通
・日の丸観光タクシー

の4社による、125台のタクシーが対応してくれるので、

三条市を広くカバーできている、

仕事が増えることでタクシー会社様も喜ばれる、

素晴らしい仕組ですよね。

 

 

このように、

路線バスの赤字による統廃合の影響は、

地域にとって死活問題であり、

地域の高齢者にとっては、

移動できないことは生活に直結する、

 

 

ということは、今回の豪雪でも学びました。

 

 

事例はたくさんある

こういった取り組みは実は、三条市だけじゃなく、

国土交通省のサイトに一覧があります。

http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/htm/traffic.html

 

われらが福井県からは、

えちぜん鉄道の取り組みが記載されていますし、

 

地域公共交通支援センターのサイトには、

http://koutsu-shien-center.jp/jirei/#top

コミュニティバスすまいる(福井市)

のろっさバス(越前市)

が取り上げられるなど、

その事例の多さには感服いたします。

 

 

 

小平選手にも負けず、

がんばっている方々、

地域を盛り上げていく方々、

たくさんいらっしゃるんですね!

 

 

あんしん村もがんばるざ

有料老人ホームあんしん村が併設する、

あんしん村介護タクシーも、

理想はインフラの構築です。

 

 

円山地区で

・呼べば10分以内で来る介護タクシー

・車椅子や手引きなどにちゃんと対応

・クリニックや薬局と連動

・バイタルリンクでの連絡事項

 

 

をやりたいのです。

手引きや車椅子対応については、

普通のタクシー会社さんは充分な対応ができませんが、

それを介護タクシーで補うことができれば、、、、

利用者にとっても喜ばれますよね。

 

 

 

ちなみに、

三条デマンド交通で活躍する、

日の丸観光タクシーさんは、

ドライバーみなさんが有償運送の資格やヘルパーの資格をお持ちです。

 

即、介護保険に対応し、通院等乗降介助が使える、

というのが素晴らしいです。

(社員数90名を超える会社様ですよ)

 

 

 

この豪雪で緑ナンバーの車が動かせず、

依頼はあるのに対応できない、、、、、

そんなストレスがある日々です。

 

 

それでも今日も明日もくさらず、

安全運転で参ります!

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。