連載:福井でプレスリリースを書いて発信しています、その9、プレスリリースの極意はやってみる、継続するのみ!

夜中に介護タクシーの電話がなってびびったハヤシです。

いやもう、掛け間違いでしょ。

 

 

 

昨日は、初めてのプレスリリース勉強会でした。

ありがとうございました。

 

 

 

インデックスはこのようになっております。

1、プレスリリースとは、掲載されるには。

2、メディアによる向き不向きがある。

3、有料老人ホームあんしん村/カフェあんのんの事例より、掲載されるためには

4、プレスリリースの書き方

5、掲載後、二次活用時の注意点、著作権について

6、掲載後は、記者様・担当者様とのつながりを大事にする。

7、メディアに出る方とコラボする

8、その他、雑感、おまけ

9、やってみる、継続するのみ!

 

 

 

セミナーを開催して思うこと

 

プレスリリースを行うには、

都度新しいこと、

都度発信すること、

都度ネタを考えること、

 

 

これを考える必要がありました。

しかも、ネタを考える段階から、

「大義名分」を考えること、、、、

 

 

または、

「大義名分」になるように、

考えること、、、、

これが大事という話をしました。

 

 

 

例えば、

同じカイロプラクティックであっても、

同じ子供向けであっても、

対象ややり方、思いが違うだけで、

 

広告っぽくならず、

応援になり、

それは人から支援したくなるような内容になる。

 

 

 

そんな話をしました。

 

決してプレスリリースの書き方だけにとどまらない、

そんなワークまでも行いましたね。

 

 

客観的に記事的にとらえるために、

○○○の力をお借りしたり、

○○○することをおすすめしました。

 

 

 

プレスリリースの極意は。

やってみることと、

継続すること。

 

 

これはブログでも、

インスタグラムでも、

なんでも同じですね。

 

 

ぜひ、あなたの行動を応援しております。

まずはやってみて下さい。

 

 

 

 

タグ:(※これで記事を絞り込めます)

連載:プレスリリース

 

記事リンク:

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。