あんしん村の第三回終活座談会、無事終了しました、終活マスター・加藤節子様、ありがとうございました。終活の極意とは。

エアコンや扇風機なくてもいいが、冷やしマクラは必要、ハヤシです。

 

おはようございます!

楽しい週末が終わりました。

今日は登園日、登校日、夏休みの宿題もほぼやらないといけないようで。

お疲れさまですね。

 

そんな日曜日、我が家では手作りギョーザ150作りました(笑)。

 

大葉チーズ入り餃子最強でやす♪

 

 

 

第三回終活座談会、終わりました。

10:00~11:00の予定のところ、

気が付けば11:20!

たくさんお話しましたね。

 

参加者は2名でしたが、

 

 

大変喜んでいただけました。

 

 

福井の方であれば当たり前に思うことは、

・なかなか自宅を手放せない

・なかなか物を捨てられない

・なかなか決断できない

・何から手をつけていいかわからない

・アルバムが整理できない

::

::

 

 

などなどあります。

 

 

ところが、

 

講師の加藤節子様は、

病気や離婚を乗り越え、

身辺の断捨離をすすめ、

今のように身軽になりました。

 

 

 

物を持たない、

不動産がない、

娘も嫁に行き、

と身軽になると、

 

 

日々の生活、

仕事、

今後のライフスタイル、

も身軽になり、

遊ぶことにも楽しくなれます。

 

 

こういう方はなかなか珍しいでしょうけれど、

将来施設を考えている、

将来子供の手を煩わせたくない、

将来自分達の貯めたお金で生きていく、

 

そう思うのであれば、

やはり断捨離していくことは必要でしょう。

 

 

子供にやってもらおうという話

お墓の手配は、

残った物は、

あれやこれや、

子供にやってもらおう

 

と話が出ておりましたが、、、、、

子供の立場からすると勘弁して欲しいな、

少し思います。

 

 

伯母の私物の整理ができず、4年経ちました。

伯父の相続と、

伯母の相続、

2回を体験している中で、

大変だったこと、

その一つが、

私物整理でした。

 

 

家に別棟がくっついているのですが、

そこにたくさんの私物が残っていました。

 

 

マッサージチェア(壊れてます)、

たんす、

布団、

たくさんの医療物・文房具、

自分が入院したときの衣類など、

などですが、、、、

::

::

特に入院したときの衣類なんて、

3セットありました。

 

 

全部捨てましたが、

2トントラック2台分くらい。

 

まだアルバムなどは手をつけられていません、

1室分残っています。

 

 

捨てるための時間、

業者に払うお金、

いるいらないを分別する判断、

などなど、1日でも終わりません。

その割りにほぼ全部捨てます。

 

 

子供にやらせよう、

子供に任せよう、

そう思う前に、

自分で出来ることは自分でお願いしたいですね、、、、、

 

 

参加された方の感想

 

・加藤先生の行動が素晴らしい、若いのに

・私も何にもできていない、なかなかできない

・アルバムの整理をやっている、しっかりやりたい

・やろうという気になったから、出来ることをやりたい

・加藤先生が子供の同級生だった(笑)、親しみがわきます

 

 

などなど、たくさんのありがたい意見を頂きました。

その他、

 

・あんしん村だよりも素敵!

・お祭も楽しみ!

そんなご意見を頂きました。

 

 

終活座談会とは。

年に4回ほど企画しており、

あんしん村に入居したいあすなろ会の方々向けや、

相談者の方々向けに、

 

 

終活のお手伝いを、

できればいいなと思います。

 

 

ポイントは、第三者。

親から終活やるんだ、と言うと、

子供からは「どうした!?」と驚かれるかもしれませんし、

 

子供から終活やってよ、と言うと、

親からは「私を殺すきか!」と怒る人もいるでしょう。

 

 

しかし、私達のような第三者が、

「終活しようね~」

「親は出来ることやろうね~、子供に丸投げしないで~」

「子供はコミュニケーションの中で、終活の意志を聞こうね~」

と丸く話していけば、、、、

 

きっとスムーズにすすみます。

私たちを上手に活用してくださいね。

 

 

 

次回、お楽しみに!

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。