はれのひ問題から見る、第三者が関わる大事さとは、、、経営も介護と同じ、抱え込まないこと。

はれのひ問題、深刻です。

 

自分が成人する子の親とすると、

大変憤りを感じます。

経営者として、気持ちはわかるだけにも、

さらに悲しいです。

 

 

はれのひ問題とは。

平成30年1月10日当日になって、

お店に連絡が取れず、

成人式のために準備した振袖が着られないと問題になった事件。

負債は10億以上、債権者は1600人を越える。

 

 

当日から社長は雲隠れをして、

3週間近くたってようやく記者会見を行う。

 

「雲隠れをしていたわけではない」

「だますつもりもない」

などと言ってられますが、

そう見えてもしょうがない行動ですよね。

 

 

しかも、弁護士に相談したのは行方不明になってから10日経ってから、、、、、

あくまで計画的ではないにしろ、

どないやねんという感じです。

 

 

経営者は孤独、

 

そう言われること、

そう感じること、

ありますが、いかがでしょう。

 

 

だからゆえに、第三者に相談できなかった、、、、、

のは言い訳です怒。

 

 

何事も早め早めにして、

上下の波をより低く、

差を抑える、

それが経営者として打つべき手だったわけですよね。

 

 

 

第三者が関わることの大事さ。

介護も同じです。

 

 

介護が必要になり、本人も苦しんでいる、

家族も先が見えない・やりかたもわからなくて困っている、

ならば、とっととケアマネージャや地域包括支援センター様をお呼びする必要があります。

 

 

要支援の方や、

デイサービスにつながらなくても、

福祉用具貸与1品だけでも、

第三者が関わること、

ケアマネージャが入ることで、

不安感が少し取り除かれます。

 

 

家族関係が良好になるケースもあります。

笑顔が増えるケースもあります。

 

 

第三者に関わって欲しくない!?

先日、新規の方からご連絡をいただき、

ご訪問いたしました。

 

 

ご本人は自由奔放で、

デイサービスにも行きたくない、

布団で寝ていたい、

そんな希望があります。

 

 

家族で生活されていると、

これが言い合いになったり、

お互いストレスがたまったりするのですが、

そこにケアマネージャが関わることで、

お互いの意見を聞いたり、

お互いの意見を伝えたり、

すると雰囲気が変わります。

 

 

その方はまだまだこれからなのですが、

布団で寝続けること=筋力低下が起きて寝たきりが近い

ことをしっかり伝えて、

活動量を落とさないことの大事さ、

を伝えます。

 

 

 

それでいいよ、

ということであれば、

・不規則なご家族の負担になること

・おむつなどの利用になること

・結果的に他の人の世話が増えて自由きままにできないこと

 

を伝え、

自己選択されるならそう支援するのみです。

 

 

共通点。

経営も、

介護も、

どうしても抱え込み、

外に相談できない、

ことが起こりうるので、

第三者が関わる、

 

 

ことの大事さを感じます。

そういっている私も、

どうしても抱え込んでしまいます。

 

 

そうならないように、

手遅れにならないように、

参ります。

 

 

 

本日水曜日、

雪が少しだったので安心です。

モーニングセミナー行ってまいります。

 

 

 

明日はいよいよ倫理経営講演会です。

当日入社した新スタッフも参加致します。

お楽しみに!

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!