いよいよ明日、有料老人ホームあんしん村の終活座談会、カフェあんのんにて16時から、介護施設の選び方や、終活の現場から介護について。

山口メンバーという記述に違和感漢字まくりの、、、ハヤシです。

 

 

 

 

いよいよ明日にせまりました。

 

・楽しみにしていた!

・○○で開催すると行けないから助かります。

・この表がわかりやすくてありがたい。

 

そんなお声を頂いており、

開催できます。

 

 

 

終活と聞いて、

自分を殺すのか!とか、

暗いイメージがあるようです。

もめるケースもあるようです。

 

 

でも、終活は明るく前向きに、

ぜひ、自分事にとらえて欲しいです。

 

 

 

人から押し付けられたり、

エンディングノートを書かされたり、

するからもめるのであって、

・今自分が何をすべきか考える

・チャンスだ

・まずは話を聞きたい

 

 

そんな場になるとありがたいですよね。

 

 

と同時に、

「何から始めていいかわからない」

そんな声も聞きますから、

最初の一歩も、

次の二歩目も、

その先の10歩目も、

困っている人もいるでしょう。

 

 

 

私が感じる、

終活の極意は、

1、「知っている人を知っている」

2、「自分のことを代弁できる人がいる」

で充分かと思います。

 

 

 

知っている人を知っている、とは

困ったら聞ける人を作っておく、

終活のことは青木先生、

介護のことは林、

お墓のことは○○さん、

生前整理のことは○○業者さん、

などなど。

 

 

自分のことを代弁してくれる、とは

その人たちに、

「自分が介護になったら、あんしん村に入るから!」

そのように伝えておけば、

自分を代弁してくれる人が増えて行きますよね。

 

 

 

そんな答えに差し迫る時間になることでしょうね。

 

 

 

と同時にチラシの裏に印刷させてもらいました。

 

こちらも申込みが増えてきてありがたいです。

・高齢者の方が住めるマンション

・地域に住み続けられる

・土地・建物のオーナーさんも喜ぶ

 

取り組みになるでしょう。

 

 

老人ホームに住んだら、

息子のいる地域に呼ばれたら、

住み替えしたら、

今までの地域と違ってしまい、

混乱する、

知り合いがいない、

なれるのに時間がかかる、

帰りたい、

 

 

と、また元に戻るケースが少なくありません。

理想はその地域に住めること、

を、有料老人ホームあんしん村は応援しております!

 

 

 

お申込みはこちらからできます。

参加申込フォーム

 

 

当日参加もOKですから、

ぜひどうぞ。

 

 

有料老人ホームあんしん村は、

カフェあんのんも、

あなたの終活を応援します。

 

 

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。