No3440 H31/2019年4月、福井市は中核市へ、あんのんも要支援・事業対象者だけでなく、要介護の方の受け入れへ!

今日は予定がてんこ盛り、ハヤシです!

 

おはようでございます!

今日は花見ツアー、その1で参ります。

笑顔で安全運転で参りましょう!

 

平成31年4月、福井市は中核市へ!

本日付で、福井市は中核市になりました。

 

福井市は中核市へ移行しました(リンク)

 

 

中核市とは(Wikipediaより)

中核市(ちゅうかくし)とは、日本の地方公共団体のうち、地方自治法第252条の22第1項に定める政令による指定を受けた市。中核市の指定と同時に保健所政令市としての指定も受ける。政令指定都市と並ぶ日本の大都市制度の一つであり、現在の指定要件は、「法定人口が20万人以上」となっている。

 

メリット・デメリットがよくわからないので、

ググってみたところ、他の市ではこんな資料があがっていました。

 

 

中核市移行のメリット

ちょっと具体的にはよくわかりませんが、

サービスの向上を期待するのみです。

 

デメリットも調べてみましたが、

あまりアップしているところはありませんでしたので、

参考になることでしょう。

 

福井市の「中核市に移行へ!」の資料を見ても、

あまりピンとくるところはないように思えます。

 

介護事業でも変化がある。

福井市が中核市に移行すると、

今まで県で行っていた指定関連が原則ほぼ、

福井市に移行します。

 

福井県・長寿福祉課 → 福井市・地域包括ケア推進課

というように、

少ない人員の中、多数のことをやろうとして、

現場では大変なことになっているでしょう。

 

先ほどのチラシにはこのように書かれていますが、

●指定居宅サービス等の指定申請書等の受付
●指定介護老人福祉施設、指定介護療養型医療施設、介護老人保健施設、介護医療院の指定申請書等の受付
●軽費老人ホームの設置届出等の受付

実地指導や有料老人ホームの調査についても、福井市に移行すると聞いています。

(指定権限があるところが実地指導を行う、でいいのかな)

 

こりゃ大変だねぇ。

 

 

有料老人ホームあんしん村で変わること

あんしん村でも、特定施設や訪問介護、居宅介護支援などの指定をもらっていますが、

大きな変化はありません。

 

それよりも、

あんのんデイサービスが4月から、要介護の方を受け入れしました!

こちらは要支援や事業対象者の方の指定通知なんですが、

要介護の方の受け入れをすべく動いており、

 

地域密着型通所介護の指定を追加でもらえました。

(封筒が届いていたので空けてません)

 

特にお一人暮らしの方、

栄養面が心配な方、

にまずは利用を優先させて頂いています。

食事の内容はこちら!

 

 

 

かつての思いやりランチを思い出しますね!

野菜やたんぱく質などのバランスよくなっています。

また、玄米ご飯はこれを機に白米に。

先日の家族会でも、

金曜日のご利用でも、

美味しく召し上がりました。

 

 

変化は起きるものではなく、起こすもの!

今までやってきていたから、

では通じないことがたくさん出てきています。

その反面、変えないこともあります。

そのバランスをとりながら、

内部での浸透をしっかり行いながら、

変化を起こしていくしかありませんね!

 

 

変化は起きるもの、

そんな受身では生きて行けません。

自ら情勢を読んで変化を感じながら変化を起こしていく会社が、

生き残っていくことでしょう。

 

 

今日もよろしくお願いいたします!

(カテゴリーがカフェあんのんのままでしたので、変更いたします!)

 

 

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。