決断が遅れて結果的に運命自招な事例、、、その行動は誰かが○○になりますか?

判断が遅れて、

決断が遅れて、

致命的になったり、

人に迷惑をかけたり、

 

 

すると、

お気づきでしょうか。

 

 

 

武蔵野の小山社長がおっしゃるように、
スピード早く決断し修正しよりよくしていくことが正しいのであって、

 

決して、

 

正しいことが正しいのじゃなく、

手順を守ることだけが正しいのじゃなく、

 

成果をあげていること、
継続できること、
が正しい

と思えることがあります。

男性で独居の方を担当しています。
この半年で、

・生活保護の申請をしましょう、とか、
・栄養をつけるために宅配弁当をとりましょう、とか、
・リハビリをしましょう、とか、

いろいろと提案したけれど、

結局数ヶ月から半年かかりました。
出来なかったこともあります。

その時は、

 

・本人の意思を尊重するから、

・本人がそういうから

・無理させたくないから

・今日は足が痛いから

 

と聞いていたのですが、

 

 

 

 

・生活保護の申請が遅れることで、生活が苦しくなったり、

・偏食が続いて入院したり、

・足が痛いと起き上がれずに廃用がすすんだり、
と、その決断がブーメランのように、

自分に鞭打っていることがわかりました。

 

 

 

先日強制的に退院になって、

 

・不安だ

・自信がない

 

そんな風に言っていましたが、

そりゃそうですもん。

 

 

一言で言えば

運命自招。

 

 

自らの決断で、

今の状況を招いたわけですからね。

 

 

でも、本当に退院になり、

自宅でなんとかやらなきゃ、

と思ったのかしら。

 

 

 

だから厳しいけれど、

 

・嫌がっていたデイサービスに行こうとか

・少しはお金がかかるけれど宅配弁当を頼むとか

 

厳しく接しています。

そしたら、

 

 

・転倒しても電話かけてくる

・リハビリがんばる

・一人で車椅子に移る

・足が痛くてもなんとかする

 

そんな声が聞こえて、

昨晩はこちらも感動で泣きそうになりました。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

このように男性ならではの、

 

プライドなのか、

体裁なのか、

自分なりのやり方なのか、

こだわりなのか、

 

 

よくわかりませんが、

こうしたいという思いがあります。

 

 

私もそっちなので、

自分の思い描いたとおりにやりたいですし、

自分で決めた以上、

そうしたいと動きます。

 

 

失敗してもそれでそれがいい薬です!

学びです!

という方もいますが、

 

それは自己満足!

ととられてしょうがないと思いますよ。

 

 

その影で、

・お客様に迷惑をかけていたり、

・社員が辟易して辞めたり、

・お客様が離れていったり
・前述の方のように生命の危機にさらされたり

していることを気付く必要があります。

何がいいたいかというと、

 

その行動・決定・手続き・もろもろ含めて、

 

それはちゃんと、

 

お客様のためになっているのか、

 

誰かを幸せにしているのか、

 

みなが喜ぶ仕組になっているのか、

 

 

 

 

をちゃんと考えないといけない、

というわけです。

 

 

 

ランチェスター経営で竹田先生が、

私に口すっぱく言ってくれています。

(DVDでw)

 

経営や仕組みは、

お客様起点であるべき

 

 

 

 

つまりは、

 

こだわりや、

思いがあるのはいいのですが、

 

 

本来会社の目的である、

 

・顧客が増える

・顧客を生み出す

 

活動にちゃんとつながっているのであれば、

私は文句は言いません。

 

 

 

人間なら、前述のとおり

 

・生命の継続

 

になるのであれば、

私は文句言いません。

 

 

 

たとえば。

 

 

・食事を摂らないわりに、

内服についてはどうこう言う。

 

→ 食事を摂って体調をよくしないと、薬の効果もでませんから。

 

 

・既存客を大事にしないわりに、
新規客・数字をどうこう言う。

→ だからクーポンなど発行して、目先のことに追われる。
そもそも、既存客を死ぬほど大事にしない人(会)に、
お客さんはついてきませんから。

黒い本でもあるでしょ。
いかがわしい手続きを踏まえて作った法律がうんちゃらかんちゃらって。

やっぱり、
経営者や、
長がつく方が、
何かをする以上は、

自分でない誰かを幸せにする

ことが目的であって欲しいです。

 

1508文字

装飾なし

スクワットあり

ストレッチあり

BS福井 283日目

連続更新 2975日目

 

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。