No3776 働き方改革はカタチから!でもケアマネの働き方改革について激白します。その1

4:19には目覚めたけれど、、、、はやしです。

 

おはようございます。

三連休は一連休でしたね、、、(汗)

三連休明けの火曜日は、送迎から参ります。今日ももりもり参りましょう!(そればっかw)

 

 

ケアマネージャの働き方改革

世間では「働き方改革」がカタチだけ進んでいます。

先進国の中でも群を抜いた、労働生産性が最下位。

有給消化率が最下位。

正規と非正規の待遇差。

 

これが日本のありのままなんだし、

G7の中で比較する、ってのもおかしな話なんだかから、

他国でやってるから、日本もそうしなはれ、

ってのは乱暴なんだよね。

もうホットケ、って思う。

 

 

しかも、労働時間をまず減らせよ、

有給消化せよ、

ってのがまずカタチから入っていくのが乱暴だけど、、、、、

::

::

::

::

その方が進むと思う(笑)。

 

時間を短縮するから、

有給を取るから、

とカタチから入ることで、なんとか実現しようとする。

 

 

朝礼でココロをそろえる!

と言ったところで、

そろうはずがないので、どうするかというと、

カタチからそろえる。

礼をそろえる、

姿勢をそろえる、

言葉をそろえる、

そういうところから始めるのが一番です。

まずは朝礼ね。

 

 

ゆえに、働き方改革はどんどんカタチから入っていけばいいよね。

 

 

では、ケアマネージャの働き方改革はどうなのか?

・残業時間が多いか、というとそうでもない。定時で帰れます。

・有給消化できないか、というとそんなことはなく、ぼちぼち取れます。

・時間当たりの生産性が低いか、というと、ランチェスターしてしまえば高くできます。

 

じゃあ、ケアマネさんの働き方改革できてるじゃん!

と言われたら、

カタチ上はそうです。

すでに出来ています。

 

 

そう、何もなければ・・・・ね。

何も、というのは、

・急な利用者の状態変化や受診

・急なサービスの変更

・急な家族や事業所からの連絡

などなど

 

 

ケアマネージャの負担、それは心理的が一番大きい

平成30年の法改正により、

居宅介護支援事業所のケアマネージャもいろいろと変革を求められました。

 

 

1、看取り加算を取得するために、24時間の連絡体制

ターミナルケアマネジメント加算が創設され、

弊事業所も算定することとしました。

そのために、事業所の連絡体制を24時間とする、

重要事項などに記載する、

連絡先を利用者や家族に伝える、

などが要件となりました。

 

 

医師や訪問看護のみならず、

日勤を中心として動くケアマネージャも、

24時間の連絡体制を求められるようになりました。

 

 

2、管理者が主任ケアマネになるべし

居宅介護支援事業所の管理者はもともと、ケアマネでないといけませんが、

これに「主任ケアマネ」が必須となりました。

 

主任ケアマネとは、5年などの勤務経験や、

認定ケアマネや講師などを務めた方などの要件を満たせば、

講習を受けて取得できるケアマネの上級資格です。

 

普通のケアマネさんの仕事に加え、

  • ケアマネジャーに対しての、技術・知識的な育成や指導
  • ケアマネジャーが介護サービス計画書(ケアプラン)を作成する際、そのアドバイスや支援
  • 地域のケアマネジャーの質の向上を図るための、会議や交流会の機会を設ける
  • 地域の医療機関や行政との連携

のことが求められます。

 

 

はい、これを読んだ方で、

率先してケアマネージャなりたい!

と思った方!

 

はい、これを読んだケアマネさんで、

率先して主任ケアマネになりたい!

と思った方!

 

 

::

::

::

いませんよね、、、、

 

各所で話を聞くと、

・ケアマネさん、大変そう

・ケアマネさん、忙しそう

・ケアマネになりたくない

とちらほら聞きます。

 

 

なので数字がこんなところに表れてしまいます。

なんと、ケアマネ試験の受講者数が激減、、、、、、

 

介護保険のマスター資格である、

ケアマネ自体がどんどん減ってくる可能性があります。

 

 

つまり、ケアマネの働き方改革とは、

働き方改革が必要なんじゃなく、

心理的負担が大きすぎて成り手がいないこと、

になってしまっているのですよね。

 

 

今年のケアマネ試験は10月13日(日)!

第22回(令和元年度)福井県介護支援専門員実務研修受講試験について

と案内が来ており、

手元にも試験要綱が届いております。

福井市役所から5部もらって帰ってきました。

 

 

なんと申込期限は、7月18日!

ああああ、もう明後日じゃないですか。

 

そんな心理的負担はありますが、

ケアマネージャの仕事は本当に尊くて、

やりがいがあって、

楽しいものです。

 

そんな楽しみを、明日、もっと書きなぐってみます。

 

 

ケアマネ関連のブログ記事をリンク貼っておきますね。

ケアマネ時短術(タグ)

TOMO’Sケアプラン(カテゴリ)

日本一詳しい?、認定ケアマネージャの資格・試験・費用の内容。合格すれば福井県で初!?(笑)

 

 

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。