No3803 ゲームプロデューサ、NHN PlayArt林智之氏の生き様を解く、人様の過去話を聞く理由とは。

4:40には起きたけど、豪快二度寝のはやしです。

 

おはようございます。

日曜日も介護タクシーでゴリゴリ参ります!

 

 

パパ、このゲーム作ったの?(笑)

中学生の娘がやってるゲームがあります。

これにどっぷり漬かっております。。。。

 

先日ふと話をされました。

まさかパパ、このゲーム作ってないよね?(笑)

もちろん、違いますけど。

 

実際はこの方。

株式会社NHN PlayArt
Studio51
エグゼクティブプロデューサー

林 智之氏

インタビュー記事はこちら(画像にもリンク貼ってあります)

 

私と同姓同名の方が、

ゲームプロデューサとして開発されています。

がんばる姿を見るのはうれしいですね!

 

 

実はこんな記事も日曜日のゆるゆるで書いており、

N響バイオリニスト、スマホゲームプロデューサー、東京都庁職員、社労士、液晶開発技術者、医師、などなど、共通点はなんでしょうか?

しかも同じ内容で2記事も書いています(笑)。

N響バイオリニスト、スマホゲームプロデューサー、東京都庁職員、社労士、液晶開発技術者、共通点は?

 

 

生き様を比較

そんな記事で取り上げた、

NHN Playartの林智之さんと、

この林智之さん、

これまでを比較してみることにしました(笑)。

 

 

林智之様 はやし
ゲーム歴 ファミコン世代だが、
セガにはまる
ファミコン世代
ドラクエ・FF
ジャンル 不明 落ちゲーム
テトリス・ぷよぷよ
はまり ゲーム作り プレイヤー
経歴 大学からゲーム作り
そのままゲーム制作会社へ
大学は経済学部
IT会社から
介護事業創業
年数 ゲーム作り17年 IT 7年
介護 13年
職歴 セガ
スクウェア・エニックス
NHN PlayArt
(株)SRA
(有)あんしん村グループ
面接の思い出 金髪私服で採用 内定7社
1時間遅刻して内定も(笑)
勤務形態 体育会系で深夜仕事 最高残業200時間
現在でも100時間ほど
職場で求められる
メンタル
ちょっとでも悪いと
ディレクターが悪い
と言われる過酷な場

チームを同じ方向性へ
導く難しさ

女性ばかりの職場
男女の違いが理解
できずに苦労(笑)
仕事で大事に
していること
物体の慣性を特に。 3ゲン(現地・現況・現在)
譲らないこと Twitterの運営 SNSの発信、ブログ

 

インタビュー記事はこちら

こちらの記事からも引用。

 

 

というように、同じ林智之でも、

人生や生き様はもちろんまったく違いますが、

人様のことを知るって、面白いですね!

 

 

この記事を見て、

ゲームをプレイしたくなりますし、

直接会いに行きたくなります!

 

 

ケアマネの現場としても、人生や生き様を聞く

若い頃、どんな仕事をしていたのか?

どんなことを守ってきたのか?

夫とどう出会って結婚したのか?

出入りする息子さん、娘さんは若いころどんな人だったのか?

 

 

そんなことをケアマネとして聞くことがあります。

それはケアプランやケアマネとしては必要ではありません。

ましてやプランに活かせることもあまりありません。

 

 

それでも聞く理由、それは、

「うれしそうに話してくれるから」

 

いつも関わっている会の歌の一説で、

「人の喜び、わが喜び」

というフレーズがあります。

 

 

こんな話を、

「パパとはお見合いで知り合って、出会って初めてが結婚式だったの」

「旦那とはかけおちして、逃げるようにしたけど、最後までわがままな人だった」

「幼馴染でとなり町だったけどよく知っていた、気が付いたら結婚していた」

そんな恥ずかしそうに、はにかみながら語ってくれる姿を、

聞くのが楽しみなのです。

 

 

彼・彼女らは、

・夫がわがままで頑固で譲らず

・戦争で別れたり

・中国で生まれて福井に来た

・戦争のあと行くあてがなく、たどり着いたのが福井だった

 

なんて、大変な苦労をされています。

 

前述の林智之氏もそうですが、

人様の苦労を聞いていると、

自分の悩み・苦労がちっぽけに感じます。

 

 

人様の話に興味をもつと、

いろんなことにアンテナが立って、

ブログのネタにもなるんでしょうね(笑)。

 

 

そんなことを朝から考えた、

ゆるゆる記事でした♪

 

よい日曜日をおすごし下さい!

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。