デジタルドクターXと言われて(笑)、、、、初めてWindows10、Surfaceを修理できるか触ってみました。が、直せませんでした。今後の教訓としてパソコンの対策でできることとは。

めまいでぐるぐる~~、ハヤシです(笑)。

 

 

おはようございます!

金曜日がやってきましたね。

モーニングセミナーから1日のスタートです。

笑顔で楽しんで参りましょう!

 

 

パソコンの備え、していますか?

けんこーやの内田さんのパソコンが講演前に動かなくなりました。

https://ameblo.jp/kenko-ya/entry-12388707584.html

 

パソコンは結局復旧しなかったのですが、

なんとか講演は終わらせたみたいです。

お疲れさまでした。

 

 

原因は60ページものパワポ資料、

が使えなくなりました。

何が問題だったのでしょうか。

 

 

1、バックアップをとっていない

そもそもです。

クラウド(dropboxなど)に入れておけば、、、、

など悔やまれます。

 

 

2、デスクトップにある

せっかく dropbox をインストールしてあっても、

デスクトップに置いてあってはバックアップされません。

聞くとパワポファイルはデスクトップに置いてあったそうですね。

 

 

3、Windowsの更新をした

終わったかと思いきやちゃんと終わらず、、、、

ハードが飛んでしまいました。

終わる前に電源を落としたりすることも危険です。

 

などでしょうか。

 

 

復旧するために行ったこと。

はじめてのWindows10の復旧、Surfaceの復旧でしたが、

復旧できるかやってみることにしました。

 

 

今までに経験があるので、実はこういうツールを持っています(笑)。

・USBフロッピードライブ
・USB CD-ROMドライブ
・USB LANケーブル、ドライバ
・mbr , diskscan など行える MS-DOS
・ブートできるWindowsXP
・USBメモリ

経験上、マスターブートの問題が多く、

MS-DOSで mbr /r などやれば起動することが多々ありました(笑)。

それでもWindowsが少しインストールできれば、

たいてい直すことができます。

 

 

また、Windows10の場合、復旧ディスクというのがあり、

内田さんは用意してなかったのでこちらからダウンロードして作成しました。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

これでUSBメモリから直接Windows10 をインストールできます。

※この復旧メモリは他のパソコンに入れれば、Windows10が動きました。

 

 

しかし、内田さんのパソコンは治せなかった。

その理由は、

パソコンがまったく起動しなかったためです。

・BIOS(UEFI)も起動しない
・USBすら読みに行かない
・Windowsすら起動しない
・ツータッチブートを何度も試したがNG

 

ようするに、ハードの問題です。

となるとまったくどうしようもありませんよね。

 

 

 

ハードの修理はメーカーに依頼するしかありませんので、

もうどうしようもありません。

(簡単なマウスなどなら直すこともありましたが、、、)

 

 

パソコンの備えですべきこと。

ではソフトウェア側でできることは何でしょうか。

 

パソコンのバックアップで考えること、それは、

復旧までの時間をどう考えるか?

・短くしたい(早く復旧したい)なら、コストがかかりますし、

・長くてもいい(遅くてもいい)なら、安くできます。

短く・安く・安全に、というのは基本的にありえません。

 

それを考えると、

私の選択肢はクラウドでした。

○多少セキュリティの不安はあるものの、
○有料でも年1万円と安く、
○直前の作業内容まですぐ復旧できる。

 

それを踏まえて、パソコンの備え・バックアップで行うべきこと。

 

・自分の個人フォルダ全部をクラウドにする(Dropbox、Onedrive)など
→ パソコンがふっとんでもすぐ復旧できる

・デスクトップにファイルは置かない
→フォルダやファイルのショートカットを貼る

見分け方は、この赤い丸の部分、
アイコンがあれば、ショートカットになります。

 

・復旧ドライブを適宜作成する
→Windows10の場合のみ

・自動バックアップを作成する
→Windowsならバックアップをスケジューリングできます

・NortonBackupなどのツールを利用する

 

これくらいはしておけば大丈夫でしょう。

 

 

ちなみに、

内田さんのパソコン、

ハードが問題でしたが、

ハードさえ大丈夫であれば、復旧する自信はありました。(70%ほどですが)

 

ハードが起動して、Windows10の復旧ディスクが認識されれば、、、、

Windows10を修復して、

個人フォルダから「目的のパワポファイル」を吸い出す、

こともできたでしょう。

 

 

最終目標は「60ページものパワポファイル」を取り出すことでした。

パソコンやWindowsを修理することではありません。

 

そういう意味では、Dropboxなどのクラウドを使い、

他のパソコンと共有しておけば、、、

パソコンが壊れても、

1分で「60ページものパワポファイル」だけは救い出すことができましたよね。

 

 

人ごととは言え、

バックアップやクラウドの大切さを感じたひと時でした。

 

 

人様のお役に立ててよかったです。

最後にサービスショット(笑)。

米倉ともゆきか(笑)

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。