連載:福井でプレスリリースを書いて発信しています、その4、プレスリリースの書き方

というわけで、

アメブロでも好評だった、プレスリリースの連載記事です。

重い腰を上げて(笑)、書いております。

 

 

豪雪の中、除雪・スタック・渋滞、お疲れ様ですね、、、

ネタがないわけじゃなく、

雪ネタはご馳走様でしょうから。

 

 

インデックスはこのようになっております。

1、プレスリリースとは、掲載されるには。

2、メディアによる向き不向きがある。

3、有料老人ホームあんしん村/カフェあんのんの事例より、掲載されるためには

4、プレスリリースの書き方

5、掲載後、二次活用時の注意点、著作権について

6、掲載後は、記者様・担当者様とのつながりを大事にする。

7、メディアに出る方とコラボする

8、その他、雑感、おまけ

 

 

わくわくで参りましょう!

 

 

4、プレスリリースの書き方

 

わかったから、林の事例はもういいから、

自慢っぽく見えるからもういいから。

とお思いでしょうね。

 

 

それでは、実際にどう書くのでしょうか?

詳しくは企業秘密になるので、

原本を出すことはしません。

 

 

プレスリリースの実際の書き方

 

なので、ググってください。

「プレスリリース 書き方」で検索すると・・・・・

 

こちらのサイトのほうがよりしっかり書いてあります。

https://prtimes.jp/pressrelease/

http://www.f-biz.net/press/contents04.html

http://www.info-de.co.jp/pr-know-how/pr-know-how2.html

https://www.ebook5.net/blog/prelease_001/

 

 

わかりやすい例を抜粋しました。

非常に分かりやすいですよね。

 

ポイントは、

新聞記事のように書くこと、でしょうか。

こちらは後述します。

 

 

 

 

ここに送りましょう!

 

福井のメディアにはFAX番号がありますから、

そちらに送ってあげてください。

新聞各社、

テレビ局各社、

ネットメディア各社、

などなど。。。

 

 

FAXを送るなんて迷惑じゃないの!?

と思われるかもしれませんが、、、、

例えば、福井新聞さんの7面あたり、経済面には、

毎日たくさん、企業からのプレスリリースが送られて来るそうですね、、、、

 

企業側から言うと、

・ニュースを送りたい

・(本音は)広告したい

 

 

新聞、メディアの本音で言うと、

・ニュースを知りたい

・(社会面)地域貢献やほのぼのしたネタが欲しい

・(経済面)企業の今を届けたい、ネタが欲しい

・でも、広告じみてるのは困る

 

 

ということで、

おおむね双方向の思いは一致しているわけです。

 

 

ならば広告にならないように、

記事的なニュースをお知らせすればいいのでしょう。

 

 

けんこーや様の例

 

 

例えば、

では実際どうなのか?

といいますと、

記事を読むように書く、ということは、こういうことでしょう。

 

 

 

福井市内で乳製品の配達業を行う(有)けんこーや(本社福井市、内田代表)が、

2月14日(水)、宝永旅館にて笑いをとりいれたランチ会を開催する。

 

健康を維持する、風邪をひかないためには免疫力を高めることが必須、

と内田代表は断言しており、

そのために笑って免疫力を高めてもらい、

お客様に健康になっていただくのが目的。

 

既存顧客向けだが、新規客を誘われた方には特典をつけることで、

さらなる付加価値を提供する。

 

 

 

そんな風にプレスリリースの内容に書いてあると、

新聞記事を読むかのように、、、、

記者さんは読んでくれます。

 

 

すなわち、そのまま記事になる(笑)。

 

 

 

これも、掲載されるポイントかと思います。

 

 

これを事前に新聞に掲載して欲しい!

となると広告ですが、

参加人数が少なくても開催し、

新聞に掲載頂いたことをお客様に案内する、

というのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

タグ:(※これで記事を絞り込めます)

連載:プレスリリース

 

記事リンク:

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!