衆議院選挙2017特集、政党ごとの公約をまとめました。高齢者・介護保険・中小企業・地域活性化。。

いよいよ衆議院選挙の公示がされました。

翌週22日は、投票日です!

 

 

投票に行こう!

 

 

 

われらが福井一区の候補者は以下のとおり、

前回と変わりませんが、

動きがあります。

o0817049314049021728

 

 

 

 

 

金元候補、

10回以上出馬されてますが、いまだ新人候補。

 

 

稲田候補、

防衛大臣の大変なときが終わりました。

でもまだまだ福井では強いです。

 

 

鈴木候補、

最後のチャンス?

今回は希望の党から出馬されます。

 

 

 

 

私は原則、

 

どの党を支持する、

支援する、

 

という政治的なメッセージは一切発信していません。

 

 

 

候補者がどう、

というのもありますが、

 

 

やはり公約重視で投票したい、

ということで、都度公約を見ています。

 

 

 

橋下徹氏の記事のように、

橋下徹「公約なんかで政党を選ぶな!」

 

 

公約はスローガンだ、

守られてラッキーくらいで思っていよう、

と過激な内容もありますが、、、

 

 

 

 

やはり、地域密着で高齢者介護の仕事をしている以上、

 

・高齢者に住みやすい街づくり

・介護制度のさらなる充実

・介護職員など現場で働く人たちへの貢献

・中小企業への支援策

・地域活性化

 

といったことの公約をかかげているか、

を調べてみたいと思います。

 

 

 

 

 

参考にしたサイトはこちら。

yahooみんなの政治より、

政党の公約チェックより。

o0649037314049021730

(クリックで飛びます)

 

 

比例代表もあるため、

全政党をアップしていきます。

 

 

 

 

社会保障のところだけを抜粋すると、

 

 

自民党:

「人づくり革命」を断行し、お年寄りも若者も安心して暮らし活躍できる全世代型社会保障を目指す。

 

 

全世代型社会保障とは、こちらのサイトです。

その2、医療介護で1.5兆円の財源を確保し、

・病床の役割の分化・連携強化するとともに、在宅医療を推進

・地域包括ケアシステムの構築を推進

 

をやりたいようです。

 

 

 

希望の党:
毎月の自己負担額を合算し、上限額以上の負担をしなくてよい「総合合算制度」を導入する。

総合合算制度とは、こちらのサイトです。

ようするに、

・制度単位ではなく家計全体を トータルに捉えて、医療・介護・保育・障害に関する自己負担の合計額に上限を設定

・基礎的な消費支出等を踏まえ、負担上限を年収の一定割合とするなど、低所得者に 対して きめ細かく設定

(低所得者のみ??)

 

 

 

公明党:

所得の少ない低年金者を対象に最大月額5000円を恒久的に支給する「年金生活者支援給付金」の前倒し実施を目指す。

 

 

年金生活者支援給付金とは、こちらのサイトです。

ようするに、

所得の少ない高齢者等を対象に年金生活者等支援臨時福祉給付金を実施であり、

ばらまきですね、

 

 

 

日本共産党:

介護保険の連続大改悪を許さず、高齢者も現役世代も安心できる公的介護制度を目指す。

 

詳細がよくわかりません。

ぜひ、改定案を教えてほしいものです。

 

 

 

日本維新の会:

高齢者の雇用創出、年金制度の再構築、高齢者の「働く」「学ぶ」を支援する。

 

雇用創出するために、何をしているか教えてほしいですね、

ググると結構でてきますが、

高齢者の雇用創出と一緒に、年金支給対象年齢のひきあげも一緒に行うのですね。

 

 

 

 

立憲民主党:

診療報酬・介護報酬の引き上げ、医療・介護の自己負担の軽減。

 

これはぜひお願いしたいですね!

ただし、財源がないとできません。

この創出をどう考えていくのでしょうか。

 

 

 

社民党:

「社会保障と税の一体改革」をやり直す。雇用の劣化や格差・貧困の拡大に歯止めをかける。

 

「社会保障と税の一体改革」をググりましたが、あまり出てきませんでした。

具体的に知りたいですね。

 

 

 

日本のこころ:

なし

 

論外です。

 

 

 

 

自民党、

立憲民主党、

が具体的ですね。

 

財源などの不安もあります。

 

 

 

 

 

 

 

また、中小企業対策についても書いてみました。

 

 

自民党:

中小企業・小規模事業者の生産性向上に向けて、きめ細やかなあらゆる政策を総動員する。

 

 

希望の党:

正社員雇用を増やした中小企業の社会保険料負担を免除する正社員化促進法を制定し正社員で働ける社会を目指す。

 

 

公明党:

地域を支える中小企業が魅力を発揮し次世代へ事業継承できるよう支援策を講じる。

 

 

日本共産党:

中小企業憲章と小規模企業振興基本法を活かし、中小企業を第一にすえた政策を実行する。

 

 

日本維新の会:

中小企業が親会社を含めた大企業との取引で契約通りの支払い等を受けられるようにする。

 

 

立憲民主党:

赤字中小企業・小規模零細事業者に対する社会保険料負担の減免。

 

 

社民党:

中小企業への課税強化に反対し、中小企業の法人税率を恒久的に11%に引き下げる。

 

 

日本のこころ:

なし

 

 

 

 

具体的で、よりひきつけられるのは、

立憲民主党、

社民党、

 

 

ですが、立憲民主党さん、、、

過去の民主党を思い出させるようなことだけは、、、

なしにしてほしいです。

 

 

 

なんにせよ、

投票は行くべしです。

 

 

自分の一票をもって、

日本を改革する!

とはなかなかできないでしょうが、

 

 

自分ごととすることで、

行動するくせをつけてほしいです。

 

 

 

 

ちなみに。

 

 

 

 

 

福井市は期日前投票所が増えております。

 

福井市役所(1階大ホール)

すかっとランド九頭竜

森田公民館

防災センター(東消防署となり)

美山総合支所

越廼公民館

清水総合支所

西武福井店(8階特設会場)

アピタ福井店(2階まなびサイト前)

バロー新田塚店(パブリックスペース)

パリオCiTY(1階専門店街)

ラブリーパートナーエルパ(2階特設会場)

ショッピングシティベル(1階特設会場)

福井大学

福井工業大学

 

 

各投票所の投票できる時間が違います。

こちらを見てください。

http://www.city.fukui.lg.jp/sisei/senkyo/touhyou/p004849.html#kijituzentouhyoujo

 

 

 

 

期日前投票は、

金曜日までとなります。

 

 

有料老人ホームあんしん村でも、

投票ツアーを企画しました。

 

 

ぜひ、投票しよう!!!

 

 

 

2292文字

5391歩

スクワットあり

BS福井 245日目

連続更新 2938日目

 

 

 

The following two tabs change content below.

tomoyuki

終活ケアマネージャ/法人代表有料老人ホームあんしん村/カフェあんのん
S49/12/9福井市生まれ。 地元円山小学校区で、有料老人ホームあんしん村とカフェあんのんをH18/8から運営する。 経済学部から東京でエンジニアを7年経験し、帰福して起業。 30歳代で2回の相続体験と、有料老人ホームでの経験から、相続や終活で困らないために終活ケアマネージャとして活動中。 介護タクシーも運営している。 火星人+、ペガサスの奇人変人タイプ(笑)。 特技:マダムキラー、あんしん村の入居者さんから毎日告白されている(笑)

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。